バレエで活躍するために背が伸ばせないと悩む中3女子が意外と多い事実について

■バレエは子どもの身長に影響するか
発達期には、身長を引き伸ばすために役立つエクササイズが絶対と言われています。バスケットボールやバレーボールという、激しくジャンプをする運動は、身長が伸び易い想像が著しいようです。

なぜ、バレエを頑張る為には高身長はいけないの?

一方で、バレエは身長が伸びづらく、低身長のクライアントが多く立ち向かうエクササイズの想像を持たれがちです。
バレエは子どもの発達を妨げてしまうのでしょうか

 

●何でバレエが身長の伸びを妨げると言われるのか
バレエのフィーリングはつま先立ちだ。ですから、歩きに大きな負担がかかりがちになります。胴といった下半身の運動量が異なる結果、全身の身長が生じるためのバランスを崩してしまう。
また、真下を酷使する結果筋肉が硬くなり、その影響で身長が伸びづらくなるとも言われています。

バレエを頑張りながら身長を少しでも伸ばすには?

●ふさわしいバレエの思考をマスターしよう
バレエは美しさを魅せる美術と言えるでしょう。ですから、ふさわしい思考を覚えることは、舞踏としては無論、身長を引き伸ばす上でもきっちり必要になります。

爪先で立つと、必ずしも重心が下半身へ傾いてしまいます。眩しい思考は、脳裏を天井から吊り下げられるイメージで立つことです。そうすれば、ウェイトは上へ向けて伸ばされます。

また、適度に一服を入れながら思い切り熱量填補をし、質の良い安眠で疲れを除く結果、丈夫なボディが作られ、身長を引き伸ばすことが出来ます。

 

●失敗しないために引っかかる要素
筋肉を手広く使いボディに面倒をさせるエクササイズは、身長の伸びを妨げてしまう。バレエは全身の筋肉を強く取り扱うので、無理をしないようにしましょう。

規則正しい思考を憶えキープする必要があります。間違えた通り覚えてしまうと、思考や筋肉のバランスが崩れてしまう。
昔からおトレーニングを始める形態、つま先立ちやスキップなどの歩きの動向がおぼつかないことがあります。この時期に無理な動きを強いてしまうって、間違えた歩き方をしたり、バレエに自尊心を消すことがあります。バレエを習得することも大事ですが、盲目にならないようにしましょう。

 

●あこがれのバレリーナに

バレエの先人には、身長の良いクライアントはもちろん、華奢で歩きのキレイなクライアントがたくさんある。人体模様をキープする頭もいっぱい良いので、トータルビューティケアにも心中が入りそうですよね。

正邪子どものうちからバレエを習得して、身長を伸ばしてステキなプリマバレリーナにかけてみてくださいね!