親の身長は子供にも遺伝する?成長に必要なものを知れば子供はもっと伸びる!

親の身長が低いと、子供も低くなるのではないか、と思う人は多いと思います。
確かに、誰でも一度は、遺伝要素があるという話を耳にしたことがあるでしょう。

 

しかし一方で、子供が成長期に、親の身長を抜くという話も聞いているはずです。
子供の身長は、親の遺伝によって左右されるのでしょうか。

 

結論から言えば、遺伝はごく小さな要因でしかなく、ほとんどは日常生活の中で身長が決められていきます。
例えば、運動をするときは全身を使うものが良いと言われています。均等に筋肉をつけることで、成長の偏りを防ぎます

 

 

身長,遺伝

 

また、睡眠時間はしっかり確保しましょう。特に22時から2時までは、
成長ホルモンが活躍しやすい時間帯なので、この時間までに熟睡出来ていることが理想です。
そして、なによりも大事なのが、栄養バランスのとれた食事です。

 

体を大きくするためには、良質なたんぱく質やビタミン、ミネラルなどがしっかり摂取出来ていなくてはいけません。

 

しかし、栄養バランスが崩れていると、成長を妨げてしまいます。
親の身長が子供に遺伝すると言われるには、ここに誤解の原因があることがあります。身長が低い親と同じ食事を摂っていれば、
子供も成長に必要な栄養を摂り損ねている可能性が高いのです。つまり、遺伝ではなく、生活環境によって、成長が左右されるということなのです。

 

親の身長が低いからといって、成長を諦めないでくださいね。もし栄養バランスに不安があるようなら、成長期の子供に適した栄養補助ドリンクもあるので、積極的に活用していきましょう!