質の良い睡眠時間が子供を救う?たっぷり寝て身長を伸ばせ!

現代の子供たちにとって、世の中は魅力に満ちています。
ゲームやテレビ、書物や学業など、1日が24時間では足りないくらいです。

 

しかし、それが原因で睡眠時間を削っているとしたら、大きな問題です。
睡眠時間は、子供の成長と関わりがあると言われています。
どのような関連性があるのでしょうか。

 

 

身長,睡眠

 

睡眠中は、浅い眠りと深い眠りを交互に繰り返しています。そのうち、深い眠りのときに成長ホルモンが多く分泌され、
日中疲労した体を治し、成長を促します。ですから、深い眠りの回数を増やせば増やすほど、身長の伸びに影響してくるのです。

 

特に、22時から2時までの4時間は、熟睡状態でいられるようにすると良いと言われています

寝付いてから1時間半後と3時間後が、もっとも成長ホルモンの分泌が活発なので、遅くとも20時半には寝ていることが大切になります。

 

また、昼間立って生活している人間にとって、上半身の重さは下半身に大きなプレッシャーになっています。
ですから、布団に横たわるだけでも下半身がリラックスし、身長を伸ばす活動に繋がります。眠くなくても、布団に入る時間を決めて横たわる習慣を身につけましょう。

 

睡眠時間をたくさん確保することは、単純に疲れを癒すだけでなく、身長を伸ばすコツでもあります。寝る前には体を温めたり、テレビなどの明るい画面を見ないようにするなど、熟睡する工夫もしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

アスミール 楽天で買うのがお得って本当?一番安いのはココ!